記事一覧

石井十次博愛の人

ファイル 13-1.pdf

10月号の掲載

200号 「合成洗剤入りハミガキ」?

ファイル 11-1.pdf

2012年9月号をお届けします

今年は「節電なし」?

ファイル 12-1.pdf

8月号をお届けします。

2012年1月192号 お風呂の効果

ファイル 10-1.pdf

またまた長らく更新出来ていませんでしたが、
1月192号の時々放談をお届けします

時々放談 第186号 7月号

ファイル 9-1.pdf

梅雨明け、いよいよ夏本番!
節電、節約で厚い夏を乗り切りましょう!
「時々放談(第186号)」お読み下さい。

時々放談 第186号 7月号

ファイル 8-1.doc

梅雨も明け、いよいよ、夏本番!
節電、節約、健康で夏を乗り切りましょう!
「時々放談(7月号)」お届けします。

時々放談 185号 6月

ファイル 7-1.pdf

お待たせしました
6月の時々放談をお届けします

2011年度上半期の時々放談について

ファイル 6-1.pdf

続いて、2011年度上半期の時々放談を掲載します

ぜひ、ご愛読下さいませ

2010年度ダイジェスト

ファイル 5-1.pdf

前回のシステム(時々放談)がスパム広告業者による
不正アクセスで被害を受けた為、長らく更新が止まっておりましたが、ようやくの再開です。

これからも宜しくご愛読下さい。

まずは2010年度の時々放談を掲載致します。

上記のリンクをクリック頂き、お読み下さい。
尚、こちらのPDFをご覧頂くにはアクロバットリーダー(ソフト)
が必要です
もし、クリックしてもご覧頂けない方はこちらより
ダウンロードし、インストール下さい。
http://get.adobe.com/jp/reader/

デフレスパイラル  Vol.178

*秋のあらし
もはや冬を思わせる季節なのに晩秋の台風襲来、鎌倉時代の再来を感じさせる外国からの侵略防御や江戸時代末期の諸外国からの圧力などなど、自然の営みには仕方ないが、奄美の豪雨災害と季節はずれの台風には、いささか閉口、国の権威も「あらし」みたいな毎日で憂いこのうえない。
*デフレスパイラル
補正予算の国会審議もなかなかスムーズには行ってない昨今、世界第2位の経済大国のわがニッポンの経済動向は一体どうなるのだろうか。自己満足という体裁の上で、安穏とアグラをしていて、世界の情勢や周囲の変化に鈍感だったのではないだろうか。いまや日本の周辺の諸国が、目を見張るような成長を遂げつつあるのは事実で、中国の経済成長は間もなく日本を追い越すのは確実。1990年代から、消費者物価下落傾向が続き、20年にもなり、そして1999年頃からはデフレと言われて、10数年、あの狂乱だったバブル景気のあとは品物の価値が下がり、当然ながら所得水準も下降線を辿る中で、いわゆる不景気と言われて長い。デフレとは物価の下落傾向が持続することに定義されているのだが、デフレが永く続くと会社や企業などの売上が低減するから、リストラ対策やら、給与カットなどが生じ、個人の収入減につながるから、当然ながら、国の経済活動が減速、こうした悪循環が重なることから、「デフレーション・スパイラル」と言われる。もとより「デフレーション」とは需要と供給のアンバランスから生じる経済現象で、品物を多く作り過ぎることで、モノがだぶつき安売りしなければならない現象なのだが、これが長く続くと前述の消費が鈍ることのほかに失業者がふえることや会社の倒産などが増加するわけだから、社会構造が変わることにもなる。しかしながら、消費者の立場からは元来なかなか手に入れることの出来ない高額な商品、例えば自動車とか以前は高価だったパソコンなどは安価に手に入るのだから、個々人では喜ばしい面もあるわけだ。ある面では今こそ企業は新しい工夫でチャンスを作ることも出来るのだが、これに力を貸すことが国の役目でもある。究極的には個人が消費拡大することによる活気を指向することだ。
|*トピックス
|*1.フィットネスクラブ浴場 温泉システム工事 11/15~25
|*2.家庭用「24時間温泉お風呂」更改工事
  (1)横浜市  K邸 11/4
(2)さいたま市 H邸 11/11